モビット借り換え

モビットの借り換えのときの審査

モビットは、三井住友銀行グループに属している消費者金融ですので安心感があり、キャッシングの利用限度額の範囲が広く、金利も利息制限法の上限よりも低めに設定しています。銀行の潤沢な資金と消費者金融ならではの申込み手続きの簡単さ、審査の早さなどが人気で、多くの人が利用しています。
モビットの融資は、使い道自由なキャッシング一本となっていますので、借り換えのためのローンなどは特別に用意されてはいません。

 

しかし、利用限度額は最高500万円となってますので、年収がある程度ある人ならば、借り換えに必要な金額を借り入れることも可能です。モビットは銀行のグループに入っているとはいえ、会社事態は消費者金融という扱いになりますので、総量規制といって利用者の年収の3分の一までの借り入れしかできません。そのため、利用可能な上限はその人の年収の3分の一までとなっており、借り換えの目的で審査を受けるときには十分な注意が必要です。

 

 

モビットの審査自体は、他の消費者金融とそれほど大きな違いはありません。インターネットでの申し込みを例に挙げると、申込み専用ページで必要事項を入力し、送信します。モビット側で審査が行われますが、記入内容の確認や信用情報の調査、在籍確認の電話などの他の業者でも行っている内容とほぼ同じものですので、それほど時間はかかりません。

 

特に問題がなければ30分程度で結果が分かります。
審査に通った場合には、入会手続きを行い、カードの発行方法を郵送か申込み機のいずれかで選択します。
後日、モビットから必要書類が届きますので、きちんと記入して添付書類も同封し、返送することで手続き終了となります。
急いでいる人の場合には、専用の申込みページから申し込みをすることで、その日のうちに自分名義の預金口座に振込みをしてもらうことができます。但し、銀行の営業時間内に振込み手続きを完了させる必要がありますので、14時50分までに手続きが完了するように、早めに申込み手続きをしておく必要があります。
他の消費者金融業者と比べて、審査の厳しさや特別な調査内容などは特にありませんので、これまで普通にキャッシングが利用できていて、年収を考えてまだ利用限度額に余裕がある人ならば、十分融資を受けられる可能性があります。

 

金利が低いこともあり、借り換えをすると総支払額が安くなるケースも多々ありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。