NURO光デメリット

NURO光の欠点は?

NURO光の欠点を紹介していきます。
まず、NURO光はリーズナブルさで人気になっていますが、実は2年契約を最初から結んでおかないと安くなりません。2年契約でない契約をしてしまうと高くなってしまいます(月々の料金が2倍近くになってしまいます)。
また、2階建て以上の集合住宅等ではNURO光を利用できないという事も大きな欠点の内の一つです。
通常、このように階数で縛られるような通信サービスはあまりありませんので気を付ける必要があります。
そして、これはどうしようもない事ですが、そもそもNURO光を使える地域が少ないです。現状、関東圏内でしか利用できません(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、)。ただ、これはどんな通信サービスにも言える事ですから、NURO光が特別劣っているわけではないと思います。
このように、細かな欠点がいくつかあるNURO光ですが、致命的な欠点は全くないと言って良いと思います。速度も非常に速く安定感もあるので、かなり優秀な通信サービスであると言えるでしょう。

NURO光を利用しようと思った時に注意すべきこと

NURO光という光回線業者がある事をこれまでに光回線業者を探した事がある人なら知っている人も多いと思います。
ですが、周囲にNURO光を使っている人がいないと感じている人もいるかと思います。それはどうしてかというと、NURO光に加入できる人は限られているからです。
それはどういう事かというと、NURO光に加入できるエリアは関東と東海と関西のエリアになっているからです。
なのでこれ以外の地域に住んでいるとNURO光に加入できないというのがあります。そういう事もあってNURO光に加入したくても加入できないという人もいます
そういう事もあって光回線業者を探していてNURO光が速度面でも月額料金の面でも評判が良くて加入したいと思っても自分のエリアはサービスの提供がないと思ってがっかりしたという人も多いと思います。
なのでNURO光に不満を感じている人の多くは自分が住んでいる地域ではNURO光が使えない事に不満を持っている事が多いです。
そういう事もあるのでNURO光を使いたいと思っても使えないという人もいるので注意が必要です。